タグ:昔々 ( 92 ) タグの人気記事

秋色


風鈴の音色に

寂しさ思えば

秋がほほ笑む


d0174664_07111782.jpg

曼珠沙華が咲くと、
天国の咲也花ちゃんを想う。


d0174664_07112973.jpg

ゆうがおは、夕暮れ時に光る。
夜更かしもいいのかなって、思っちゃう。


d0174664_07114311.jpg

アロマティカスの、水あび。
生き生きしている人が、そばにいる嬉しさ。


d0174664_07115183.jpg

ピンクのミニ薔薇。
ツンツン棘が、魅力をますね。


d0174664_07115867.jpg

ヒマラヤスギの実。
あなたが生まれる過程が、不思議です。

********

本日、仙台市の小学校、陸上記録会!!

30年前、妹の咲也花ちゃんは、陸上記録会の練習中に亡くなった。
秋があんなにも、悲しく感じたことはない。


ねえ。咲也花ちゃん。

サリーお姉さまも、だいぶ大きくなりましたよ~
体だけでなく(笑)

30年という、時にいやされ、
天高い秋、気持ちよくてララララ~

子どもたちの今を、応援してくるね。

瞬間べんとうを生みだす様子に、愛娘が一言。

「ママは、大胆なおばさんだぁ~(笑)」
by 50メートル走に出場、小6ぴかり

ふんっ!
おばさんとは言わせないぞ。










by loveiysally-4970 | 2018-09-14 07:42 | 自然 | Comments(0)

袴姿


藍いろの君にむける
うす紅いろの想い


d0174664_18082091.jpg

今朝のアサガオ、神さまが染めた色。

本日、中2たけのこ剣道の練成会!
サリー母ちゃんも、応援にいってまいりました~

昔むかし、中学のころ・・

藍色の袴姿を、よくのぞきに行きました110.png
剣道部、モテたのよ。

恋の花咲く、思春期は。
アサガオのごとく、さわやかにからみつく(笑)

たけのこ軍団、にょきにょき上昇中!
剣道部、モテてるかい?!











by loveiysally-4970 | 2018-09-02 18:33 | 子どもたちの学校 | Comments(0)

渦巻き


よ~く見てごらん
カタツムリみっけ


d0174664_14491554.jpg

雨の日は、うれしいね。


d0174664_14504938.jpg

ピンクの傘で現れたのは、
サリーが18年まえ、担任したTちゃん。
幼稚園の先生時代の教え子ちゃんと、ティータイム。

夢を叶えて、保育士さんになられました!

小さなころは、おとなしく見えたけれども、
胸に秘める渦巻きに、つよい意志を感じました。
飛べなかったなわとび、がんばったよね

まいた種、思わぬ形で刈りとって。
また種をまく、雨の日曜日。






by loveiysally-4970 | 2018-08-26 15:06 | 日常の幸せ | Comments(0)

目玉


パンダ パンパンだ!

d0174664_05283886.jpg


ギョッとする目玉!

d0174664_05284802.jpg

アハハハハ~おかえりなさい~

きのうは高2みるく、東京研修より無事帰宅。

おみやげの『目玉パンダ』に、ウケル一同。
真面目そうにみえて、シュールな笑いを作り出す少女なのだ。

********

昔、母が言っていた言葉を、思い出す。
「わたしは30数年間、お父さんの何をみていたのかしらね・・」

父が中途障がい者になって、言葉を失ったら・・
「あうん」の呼吸と思っていた関係が、激変!

さっぱり、通じ合えない現実(笑)
ジェスチャー交えて、試行錯誤。

その現実を、はじめて笑えた時は温かかった。
いいんだよ、それで。

********

時には、目玉を飛び出して
へんてこな角度から、相手をみるイメージも面白い。

見えていない・・
そう思ったほうが、発見が多そうだ。
by 勘違い女王サリー











by loveiysally-4970 | 2018-08-05 07:55 | 脳梗塞からの贈り物 | Comments(0)

道徳のじかん


おおきくなったね


d0174664_05380980.jpg

中2たけのこ。
小学校1年生で描いた『あさがおの鉢』。

「おおきくなってね」の文字がやさしい。


d0174664_05381936.jpg

こちらは、小2で描いた『ツルハドラッグ』。
町探検で見てきた、シャンプーや化粧品のたな。

子どもがみる景色。
小さなアリと、おしゃべりできるわけだ。


d0174664_05382924.jpg

「おかあさんがもしこのけしょうひんを、みたらぜったいにつかいたがるだろうなとおもいました。」
by小さなたけのこ(時空を超えて、ギュッとだきしめたい!!)

きのうは、中2たけのこの授業参観。
「ゆりちかへ ママからの伝言」

お母さんでいられることに、謙虚になります。
M先生、親に向けても授業してくださいました~涙する母ちゃんズ。

見上げるたけのこ、節ができて天高く。
きみの発言、母より深し。









by loveiysally-4970 | 2018-07-20 06:18 | 子どもたちの学校 | Comments(0)

蘇る宝石


本を読み 蘇る景色


d0174664_05274900.jpg

アラフォーサリー、知らないことだらけ。
のびしろ、ばつぐん!
 

岩手の山奥、茅葺き屋根の大きな家。
うらの池にはたくさんの鯉がいて、深さを思うとゾッとした。
犬も猫も、鶏も蜂もいた。

山々が目の前に広がり、おじいちゃんがおばあちゃんを呼ぶ声がこだました。
「ががや~!!」
それが、おばあちゃんの呼び名。不思議だった。

牛やヤギがいて、乳しぼり。
温めるとまくができて、苦手だった。
子牛が生まれる時、子どもたちで名まえを考える会議をした。
囲炉裏があった。黒板も。
水は湧き水で、スイカやトマト、キュウリが水槽に浮いて冷えていた。

屋根裏みたいな部屋に、蚕(カイコ)がいて繭をつくる。
繭をそのまま茹でる事実を知り、幼心に震えあがった。
蚕が、かわそうだ…

たばこの葉っぱを、育てていたっけ。
縄にその葉を、表・裏・表・裏とはさんでいくのが好きだった。
「サリーちゃん、上手だね。」
おじいちゃんが褒めてくれて、本当にうれしかった。
ゴザが、チクチクした。

山の畑で、悠然と進む大蛇を見て足がすくんだ。
飛んでくるアブにパンチされ、どんくさい。
蚊帳の中は、安全でほっとした。

鬼ヤンマの、堂々とした姿。
神様トンボは、糸のようで静かな飛行が光るよう。
田んぼの脇に、赤い小さなカニがいた。

冬は、畑でそり滑り、あぜ道がジャンプ台。
湯気が出るほど、何度もすべった。
おじいちゃんが竹を焼いてカーブをつけ、竹スキーを作ってくれた。

トイレは、外で怖かった。
落ちないように、息をとめて前だけを見つめた。

釜戸にまきをくべ、子どもたちでラーメンを作った。
火は燃え上がり、ラーメンはこれ以上ない程のびのび。

お風呂も外。バトンのように子どもたちが次々にだっこされ入れられた。
まきで沸かす、おばあちゃんの背中がまるい。お湯が熱かった。

餅をついた。餅がごちそうなのだ。
くるみをトンカチでわり、ほじくるのが子どもたちの仕事。
餅の種類はたくさんあったけれども、くるみ餅が一番好きだ。

お花畑があった。おばあちゃんが花好きだった。
大きな蝶が、風にゆれる動きは瞬間移動のよう。


幼いころの夏休み・冬休みは、岩手の母の実家に長期滞在した。
父は母の実家で大切にされ、餅ばかりたべていた。

年の近いいとこたちも来て、にぎやかだった。
5+3=8人の子どもたち。
小6で亡くなったさやかちゃんも、元気に遊んでいる。

親戚の集まりは、好きじゃなかった。

自然の怖さや強さに震えた。
仙台の子どもは、都会っ子あつかいだった。

内向的だったわたしは、出来れば行きたくなかった。


なのに、今…

こんなにも、美しい季節の風景が蘇る。
心の宝箱に、知らぬ間に宝石をつめて貰っていたのか。

両親に感謝する。今頃だけど。




※幼いころの記憶なので、時系列はごちゃまぜ。
空想も、入ってるかも(笑)







by loveiysally-4970 | 2018-07-09 06:32 | 体験からの気づき | Comments(0)

ソプラノ


☆ サリーうたの歴史 ☆

小学生 歌のテストで声が出ない・・口がパクパク金魚みたい

中学生 アルトならでるぞ!でも音をはずしまくるバスケ少女

高校生 讃美歌日々歌います♪クリスマス礼拝ハレルヤに感動

大学生 カラオケ全盛期!お酒を片手に安室奈美恵ちゃんの歌

幼稚園の先生時代 子どもの前だと伸び伸び歌えた、嬉しいな

子育て時代 子守歌ラララン、だっこしておんぶしてハミング

PTA時代 歌詞にしみじみ、PTA仲間と歌声ひとつソプラノへ



d0174664_05362378.jpeg

きのうは、某学校でハーモニー♪

うたおう!ほがらかに。
自分なりの声で、いいんだもん110.png

音楽がどんどん、好きになる。











by loveiysally-4970 | 2018-07-06 05:55 | 子どもたちの学校 | Comments(0)

おうち


おうちが、安心できる場所でありますように。
子どもたちが、素の自分でいられますように。


d0174664_08324853.jpg

きのうは、サリーヨガ☆パッチワーククラブ♪
おうちのモチーフが、大好きです。


d0174664_08325532.jpg

薔薇と紫陽花。
庭のお花が、歓迎してくれます。

生徒さんだけど人生の大先輩!
築100年、おうちを大事にしているHさん邸にてチクチク。

アラフォーのママ軍団を『お嬢さん♡』とよんでくださいます。

********

むかしむかし。

サリーの妹さやかちゃんが幼くして亡くなり、深い悲しみで立ち直れなかった時。
母のえいこさんが、ポツリと言いました。

「さやかちゃんを、仏さまにお返ししたのよ…」

子は親の持ち物ではなく、
天からお預かりした宝もの。

りっぱなママでなくていいよね?
リラックスしたママがいいんじゃない(笑)

「お母さん、口がうまいからなぁ~」
by高2みるく、大人の階段のぼる~♪

さあ!
きょうは、水曜サリーヨガ♪

雨に咲く今、楽しんで110.png







by loveiysally-4970 | 2018-06-27 09:03 | 命の輝き | Comments(0)

ハッピーリターン♡


ハッピーちゃん おかえりなさい!

まるで ヨガ後の生徒さんみたい♡


d0174664_08253840.jpg

顔色もよくなって、わらってるね♡

東日本大震災の1カ月前にお買い上げ!
きのうは、1泊2日の車検から、スッキリとご帰宅♪

7年前、軽自動車フェアに子どもたちと出かけ、
すべての車に4人で乗ってみて、ワイワイ決めた思い出があります♪

みんな大すき『ハッピーちゃん♪』


d0174664_08255529.jpg

スバルが、好きです。
お星さまのロゴが、ハートにズッキューン(笑)



「ますます、大事に乗って下さいね109.png
by担当してくれているTくん

「はい!がんばります113.png
byイケメンに弱いサリー







by loveiysally-4970 | 2018-02-25 08:49 | 日常の幸せ | Comments(0)

節目


来月には、東日本大震災から7年。

あの日。

3・11のあと、ご近所のTさん(仮名)と避難所で再会した。

Tさんの息子さんが、津波に巻き込まれたと知った。
いつもは豪快なTさんが、私の胸で小さくなって泣きじゃくる。

わたしも、ひざの震えを止められないまま、必死にTさんをだきしめ、
共に慟哭した、あの時を振りかえる。

同じ被災地に住む人たちでも、
悲しみの大きさが、こんなにも違うことに愕然とした。

ヘリコプターが頭上を飛び、救急車のサイレンは鳴りつづけた。
緊急車両がどんどん入ってきて、おだやかな日常はある日突然ひっくり返った。


だれもが、家族に会おうとしていた。

ただ生きていてほしい。
どれだけの人々が、天に祈ったのか。

津波が到達した、がれきの痛々しい道を、ひとり自転車であるいた。

家族を探す人、飼い犬を呼ぶ人、しゃがみこむ人。
何人かがあつまっては、帰らぬ人々の話をしていた。


Tさんの息子さんは、天国へいった。
中学2年生、ご近所のおじさんと一緒だったそうだ。

わがやでお習字もならい、年長さんだった小さなたけのこをかわいがってくれた。
お世話になったなぁ、ほんとにありがとう。
そのたけのこが、今度は中学2年生になろうとしている。


あの日。

だれもが、家族と会おうとしていた。

あたりまえの日常を、謙虚に受けとめようときめた日。

忘れるな、わたし。
人生は、贈りものだ。

すでに、十分幸せだ。
時がすこしたったから、書けることもある。

でも、やっぱり。

伝えたい命の言葉は、今日のうちに。

ありがとうも、ごめんなさいも。
そして、あいしてるだって。


d0174664_09433891.jpg

被災する前、山元町でのみるく。5歳くらいかな。
「ママ、いんげんでにんげんをつくったよ」とピース。


東日本大震災から数年後、父の通夜。
Tさんご夫婦やご近所の皆さまが、参列してくださった。

みんな、それぞれの場所で生きている。


********


けさ、友からのメールで、節目(フシメ)の大切さを教えられた。
フシがあるからこそ、竹は風雪に耐える強さがあること。

東北は、竹のようじゃないか・・

そんなことを思いながら、きのうの残りのカレーを食べた。







by loveiysally-4970 | 2018-02-09 11:07 | 東日本大震災 | Comments(0)

古いけれどもホッとするおうち『サリーハウス』。東日本大震災のあとから暮しています。高2みるく、中2たけのこ、小6ぴかりの母ちゃんです。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る