カテゴリ:東日本大震災( 112 )

3年目の調律


森に分けいると 別世界の美しさ


d0174664_04545707.jpg

鍵盤の奥ゆきに、数学的な羊と鋼と木工の世界。

あれから、いつのまにか3年!


d0174664_04554414.jpg

ピアノの中に、ゾウさんが20頭?!

たたき上げ調律師Sさんの、エネルギーの話がおもしろい。
うなずき笑う、小6ぴかり&新人ピアニストサリママ。


d0174664_04552463.jpg

Sさん曰く!
調律師には、伝える役割がある!
ピアノは、円運動なんです!

幾重にも重なりあう、音の波紋はシャボン玉。


d0174664_04562722.jpg

化粧を落とした素顔がすてき!
ケタケタ、わらっているみたい♪


d0174664_04560208.jpg

白黒はっきりしたあなたは、実は繊細なお方でした。
年に1度は、調律師Sさんの熱い話を聞こう!!
新人サリーのピアノを聴いくださり、心のこもったアドバイスに感動。


d0174664_04570417.jpg

今年も、AYA梅に感謝♡


調律の和音たちが、サリーハウスに広がります。
なんども、なんども。

音に耳を澄ませて、
梅のヘソを「ポンっ」と飛ばす。

ひそかな、演奏の仲間いり(笑)









by loveiysally-4970 | 2018-06-22 05:40 | 東日本大震災 | Comments(0)

ピアノが愛しくなる流れ


人生は、物語。


d0174664_15141468.jpg

先週末は、小6ぴかりピアノの発表会♪
ショパンの「ノクターン」
わが子から、大人の香りを感じました~

サリママ、抜擢され?!
受け付けや、ちびっこピアニストたちの誘導!
働くほうが、生き生きする女(笑)

泣きべその、ちびっこの手をとって舞台へ。
いつかのみるくやぴかりのようで、なんだか愛しいな。


d0174664_15161362.jpg

ブックタイムボランティア仲間のおすすめ本。
『羊と鋼の森』宮下奈都

調律師のお仕事に、透きとおった光りがあたり、
ピアノが、とてもいとおしくなる・・

そんな物語です。


********


東日本大震災後、ご縁があってやってきたピアノ。

津波でピアノが流された家庭に、
眠っているピアノを調律して届ける活動。

約3年前の記事です↓


読書後に、さっそく!
当時お世話になった、調律師さんに電話しました~

「お母さんは、素直だね~」
by高2みるく、何だかすごく優しい時がある♡

こころが動いた時が、チャンス。

あの日の調律師さんを、
さらに尊敬の念を持って、お迎えできそうです。













by loveiysally-4970 | 2018-06-11 16:34 | 東日本大震災 | Comments(0)

豪快で優しい


息をふきかえした家
少しずつ よくなっていく楽しみ


d0174664_06311417.jpg

東日本大震災後、みんなで扉をはずしてペンキを塗ったね♪
あの世行き一歩手前で、息を吹きかえしたおうちです。

サリーハウスの台所、あと2日でお別れです。
ありがとう!震災後の7年間の日々!

冬はスケートリンクのように冷えて、
よく、羽生結弦くんのものまねをしました(笑)

いよいよ、台所大規模リフォーム!

大家さんがきのう、自転車でさっそうと現れた~
いま!サリーの周りの70代女性が、かっこいい♡

「奥さん(サリーのこと)が、お料理を楽しくできるようにね♪」
「迷惑かけるけど、よろしくね!」

豪快で、優しいことば。
ありがたく、受けとります。







by loveiysally-4970 | 2018-05-21 07:01 | 東日本大震災 | Comments(0)

MIGAKI HOUSE ミガキハウス


えがく、みがく。


d0174664_06013524.jpg

きのうは、宮城県の一番南の町「山元町」へゴー♪
高2みるくと、母娘2人旅。


d0174664_06014948.jpg

東日本大震災の前。
この町に10年ほど暮し、小さな子どもたちを育てました。

イチゴが生活にあふれた、ポップな毎日だったなぁ~

みるく3歳の時に、幼稚園で出会ったHちゃんと、
「ミガキハウス」で再会です。

d0174664_06015902.jpg

Hちゃんのママ『あきちゃん』が、週3回カフェを開いています。

東日本大震災で、学区そのものが津波に流され、
ほとんどの子どもたちが、仮設住宅や転校を余儀なくされました。

当時小3のみるくとHちゃんは、仙台への引っ越しが同じ境遇。

「転校するの??せめて、Hちゃんと同じ学校がいいな・・」
ほんとうに、不安でいっぱいだったね。

けっきょく、お隣り同士の小学校にそれぞれ転校。

あれから7年。
今は高校2年生に成長した、ふたりの乙女。

キャピキャピ、お話しできてよかったね~
JK(女子高生)、キラキラよ☆


d0174664_06022277.jpg

『鶏肉のハニーマスタード焼き』
うなるサリーかあちゃん!


d0174664_06024111.jpg

みるくは、あきちゃんお手製カレーのチーズドリア。
ミガキイチゴのマリネも美味。

サラダやスープのクルトン、フルーツグラノーラも
み~んな、手づくりされているそうです。


海が見える山のうえ、あきちゃんとしみじみ。

フフフ・・
いろいろあったね~がんばったね~

ママたちも、これからだ!

夢をえがいて、みがいてゆくぞ♡








by loveiysally-4970 | 2018-05-04 12:10 | 東日本大震災 | Comments(0)

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード


東北の青年が、受け入れた役割に、
想いを馳せて、空を見上げる!


d0174664_08135181.jpg

「羽生く~ん、ほんとうに、ありがとう~♡♡♡」
「ママ・・なんか、おばちゃんみたいだよ・・(笑)」
by辛口コメンテーター小6ぴかり



d0174664_08140593.jpg

パレード前に、ふうりゅうカップルから、エネルギーチャージ❤

お手製おいなりさんの力!
炎天下でも、元気いっぱいすごせたよ。感謝!




d0174664_08142564.jpg

BTB(ブックタイムビューティーズ)のママともKちゃんが大役でした!!

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードの
出発式&記者会見の司会者として、輝いていました~

10万人以上の人々が集まったパレード!!
青空から、Kちゃんの澄んだ声がふる。


コツコツと地道に、お祭りや戦隊シリーズのショーなど、
たくさんのイベントの司会を、一生懸命やってきたKちゃん。

今へ繋がった、今までを想い・・
なんか、胸がいっぱいで泣けました。



d0174664_08145523.jpg

「ああ!!しあわせだぁ~!!」
by羽生くんファン高2みるく、最近髪を赤茶に染めた。


東日本大震災から、8年目の初夏。

わが子が、幸せ。
かあちゃんも、幸せです!










by loveiysally-4970 | 2018-04-23 09:15 | 東日本大震災 | Comments(0)

めがね


めがねを はずしたのかな

時がながれ 訪れる学び舎

聖書の言葉 讃美歌の調べ

美しさますます 香るよう


d0174664_07201081.jpg

きのうは、宮城学院へ♪
高校・短大と5年間お世話になりました~


d0174664_07202182.jpg

麗しき女子大生の皆さま、桜の写真パチパチ。

サリー、20数年前・・
公立高校におちて入学しましたが、わたしには合っていたなぁ~
讃美歌を、毎朝歌うのが楽しかった♪
聖書のストーリーが、人間臭くて笑ったり。

キリスト教を学びながらも、
部活一色で、もりもり食べまくっていたぞ(笑)


d0174664_07210749.jpg

時をへても、食いしん坊サリー・・
きのうは、学内のカフェでお1人さまランチ♡
「ちょっと!!お母さんばっかりどういうこと!!」
byみるく

♡焼きカレー
温泉卵をまん中に、チーズがこんがり!
♡抹茶パフェ
わらび餅と黒蜜のタッグは、最強です!


d0174664_07204439.jpg

風がつめたかった、仙台の桜が丘。
桜の丘で友と語らう女学生、サリーの時も巻き戻るよう。


d0174664_07205702.jpg

ハッピーちゃん(サリーの愛車)に、
花びら1枚、若葉の季節がやってきます。

真の目的は、食べ物ではなく(笑)
津波で流された「保育士資格証」の再発行!


東日本大震災から、8度目の春。
さらにときめく、メガネえらび。









by loveiysally-4970 | 2018-04-14 08:00 | 東日本大震災 | Comments(0)

いにしえの都で学ぶ


はじめる勇気

つづける勇気

やめる勇気


東日本大震災で被災したあとの7年。
たくさん考えた、この3つのこと。


d0174664_15291869.jpeg

週末は、27年ぶりの京都でした。

美塾13周年記念式典へ、参加させていただきました。
美塾の皆さま、おめでとうございます。そして、ありがとうございます!

ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス博士のことば。
目の前で、お聴きするチャンスに恵まれ、
桜開くいにしえの都で、たいへんありがたい時間でした。

ユヌス博士のまなざしのあたたかさ、にぎった手のぬくもり。
仙台でも、まわりの皆さまにおすそ分け。
どんどん、サリーと握手してね(笑)

人の役にたつことを、
小さくても1つ1つ行ってゆく。

とらわれない発想と視点。
常識の反対側へ。

たったひとりの力は、大きい!
つながることで生まれる、パワフルな流れ。

『Discover』
ディスカバー
発見する、知る、見つける

なんども、この単語が耳に飛び込んできました!

********


チームサリーハウス。
震災後、ミシンの使い方を学びシーツをつくる。
乳児院の皆さまにお届けできたり、貴重な体験の積み重ね。




一般社団法人スーパネスンスアカデミックの河原会長には、
無私・利他の心と、心からの願いを行動してゆく覚悟を学びました。

サリー3年を機に、ぬいもの活動を卒業させていただきます。
皆さまの益々の活躍を、心よりお祈り申し上げます。
本当に、ありがとうございました!


東日本大震災から、8年目の春です。
この土地に、少しずつ根をはれてきたかな~

桜の花びらがふるころは、
地域で、あらたな役割がはじまります。







by loveiysally-4970 | 2018-03-26 18:46 | 東日本大震災 | Comments(0)

100年後のあなたへ~桜の植樹祭 in 岩沼~


木々たちは じぶんでは動けない

こころを込めて 植えてください


by植樹指導の職人さん


d0174664_06431812.jpg

「幸よ咲け」
byサリー

きのうは、桜の植樹祭に家族で参加!
サリー家、桜2本植えてきました~

被災地の宮城県岩沼市。
東北復興マラソンのスタート地点でもあります。


d0174664_06435201.jpg

植樹セット。
軍手をはめて、いざ植える!

孫やひ孫、未来の皆さんのため、やるぞ~!!


d0174664_06440679.jpg

ザザザッ!ザクザク!
土に、空気を入れてあげましょう~
ここも、津波がきた場所です。

スコップで、よくたがやします。
桜さんが、呼吸しやすいように179.png


d0174664_06442236.jpg

この場所に根をはって、生きてゆくんだね。


d0174664_06443578.jpg

「ピンク大好き」
by思春期中1たけのこ
メッセージも、可笑しみあり(笑)

「また見にきてくださいね。」
県の職員の方が、笑顔でねぎらってくださいました。

ことしも、復興マラソンに参加して、
この場所にこようかな。
https://fukko-marathon.jp/

とつぜん・・
そんな気持ちが、咲きました110.png

あのきつさ・・
最初で最後だとおもったけれどね~








by loveiysally-4970 | 2018-03-18 07:11 | 東日本大震災 | Comments(0)

びすた~り


きのう、2時46分。
子どもたちとともに、祈りました。

夜は、友人たちと。
ろうそくに火を灯し、しずかに黙とう。

思い出します。
雪まう星空、花びらまう桜。

風景と想い。
手をつなぎ、ハートの中で。



d0174664_12565595.jpg

「世界のすべてが至福になりますように。」
ろうそくをおくコースターに、聖なることば。

友からの花束。
器にいけて、感謝する8年目のスタート。


d0174664_12564234.jpg

きのうは『つなげよう希望の光 星空プロジェクト』

長町遊楽庵「びすた~り」、120年前の古民家がレストランに。
障がいのある皆さまも働く、ゆったりとした空間。
http://www.bistari-nagamachi.com/

「びすた~り」とは、
ネパール語で「ゆっくり」という意味だと知りました。

毎年、いただいているお料理。
どんどん進化されていて、友といただけることありがたいな112.png

サリーハウスも、ゆっくりと進化していこう。


Without haste, but without rest.
急がずに、だが休まずに。
byゲーテ


もう7年、まだ7年。








by loveiysally-4970 | 2018-03-12 14:16 | 東日本大震災 | Comments(0)

7年


まがりくねった道を 歩きつづける

めぐり合う季節 めぐり合う人びと


d0174664_07351999.jpg


いびつなこころ 不完全なすがた

出会うたびに ステキな化学反応


d0174664_07344186.jpg


『サリーハウス』
東日本大震災で、よみがえったおうち。


d0174664_07345904.jpg


この7年、わたしたちを守ってくれてありがとう!


d0174664_07284250.jpg

津波で流された山元町の自宅前、震災から8日目。
保育園で働いていた、エプロンのまま。

3・11から、7年目の朝。

あの日のわたし。
笑顔だけれども、ひざは震えていた。

パッチワーク『サリーハウス♡ポーチ』
無性に完成させたくて
サリー母ちゃん、ちくちく夜なべです。

休日の朝。
子どもたちの寝息は、揺りかごのよう。

ありがとう!

きょうも、命をよろこんで
あたりまえの日常を、そっとだきしめ一歩前へ。



サリー、311に読み返す記事たちです↓















by loveiysally-4970 | 2018-03-11 08:24 | 東日本大震災 | Comments(0)

古いけれどもホッとするおうち『サリーハウス』。東日本大震災のあとから暮しています。高2みるく、中2たけのこ、小6ぴかりの母ちゃんです。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る