カテゴリ:東日本大震災( 102 )

節目


来月には、東日本大震災から7年。

あの日。

3・11のあと、ご近所のTさん(仮名)と避難所で再会した。

Tさんの息子さんが、津波に巻き込まれたと知った。
いつもは豪快なTさんが、私の胸で小さくなって泣きじゃくる。

わたしも、ひざの震えを止められないまま、必死にTさんをだきしめ、
共に慟哭した、あの時を振りかえる。

同じ被災地に住む人たちでも、
悲しみの大きさが、こんなにも違うことに愕然とした。

ヘリコプターが頭上を飛び、救急車のサイレンは鳴りつづけた。
緊急車両がどんどん入ってきて、おだやかな日常はある日突然ひっくり返った。


だれもが、家族に会おうとしていた。

ただ生きていてほしい。
どれだけの人々が、天に祈ったのか。

津波が到達した、がれきの痛々しい道を、ひとり自転車であるいた。

家族を探す人、飼い犬を呼ぶ人、しゃがみこむ人。
何人かがあつまっては、帰らぬ人々の話をしていた。


Tさんの息子さんは、天国へいった。
中学2年生、ご近所のおじさんと一緒だったそうだ。

わがやでお習字もならい、年長さんだった小さなたけのこをかわいがってくれた。
お世話になったなぁ、ほんとにありがとう。
そのたけのこが、今度は中学2年生になろうとしている。


あの日。

だれもが、家族と会おうとしていた。

あたりまえの日常を、謙虚に受けとめようときめた日。

忘れるな、わたし。
人生は、贈りものだ。

すでに、十分幸せだ。
時がすこしたったから、書けることもある。

でも、やっぱり。

伝えたい命の言葉は、今日のうちに。

ありがとうも、ごめんなさいも。
そして、あいしてるだって。


d0174664_09433891.jpg

被災する前、山元町でのみるく。5歳くらいかな。
「ママ、いんげんでにんげんをつくったよ」とピース。


東日本大震災から数年後、父の通夜。
Tさんご夫婦やご近所の皆さまが、参列してくださった。

みんな、それぞれの場所で生きている。


********


けさ、友からのメールで、節目(フシメ)の大切さを教えられた。
フシがあるからこそ、竹は風雪に耐える強さがあること。

東北は、竹のようじゃないか・・

そんなことを思いながら、きのうの残りのカレーを食べた。







by loveiysally-4970 | 2018-02-09 11:07 | 東日本大震災 | Comments(0)

家にもすごく感謝!


ボロボロだった このいえに

いろいろな 人々やってきて

それぞれの星を こぼしてく

キラキラが ひそかにつもる


d0174664_07095562.jpg

「お母さん!羽生くんの言葉を写メして送って~!!」
by高1みるく、夜な夜なマンガでひとり笑い


d0174664_07101592.jpg

高校の読書の勉強で使うらしい。
付せんまでつけて、熱心な学びに感心♡

「氷にもすごく感謝!」
by羽生結弦くん

超共鳴。

「家にもすごく感謝!」
byサリー

今しがた、星の名のつくちいさな男の子を見送りました。
おやこヨガ、毎週火曜日絶賛開催中!

サリーハウス、マイペースな成長の道。

東日本大震災から、もうすぐ7年。

今この場所に、
すごく感謝しています!







by loveiysally-4970 | 2018-02-06 12:50 | 東日本大震災 | Comments(0)

ゆらぎ


ゆらぎが あるから

たのしい ぶらんこ


d0174664_12544643.jpg

レンコンの全粒粉パスタ、レモンソース♡

きのうは、サリーハウス3人。
ランチで、新年会♪


d0174664_12553408.jpg

せいろで蒸した野菜たち♡

ゆらぐ想いを、聴いてもらった。


d0174664_12555075.jpg

かぼちゃとにんじんのスープ♡

大地のパワーが、こころに染みいる。


d0174664_12550280.jpg

オーナーご夫妻の手づくりは、愛と命を感じます。


こんなすてきなお店が、被災した沿岸部にあるなんて!
お客さまが、いっぱいでした~


d0174664_12542342.jpg

ランチ&カフェ「風と手と土」

東日本大震災後、よりたのしく、より役にたつ、
そんな、生き方ってなんだろ。

サリー母ちゃん、ゆらぎながらの日々。
人は人によって、支えられている。

赤ちゃんを、ねかせる時。
ゆらぐと、とっても気もち良さそう。

ゆらぎがあるって、いいことか。








by loveiysally-4970 | 2018-01-17 13:17 | 東日本大震災 | Comments(0)

友情の芽


きのうは、宮城県の一番南にある山元町のかんの家へ。

シンプルな、リンゴケーキを焼いて♪
たがいの近況報告、思い出ポロロン。餅をたらふくご馳走になる(笑)


d0174664_06544736.jpg

東日本大震災時は、小さかった子どもたち。
この7年で、大人への階段をぐんぐん駆け上がっています!


d0174664_08181325.jpg
東日本大震災から8日目、津波で全壊したサリーの実家。
土台の上を歩く、当時保育所と小学校だった子どもたち。


津波で家を失ったサリー家は、
8日間、お友だちのかんの家でお世話になりました。

ちいさな子どもが6人。
かあちゃんが2人。
(3日間は、サリーが帰宅途中出会った大学院生Tくんも)


みんな、一度もケンカしなかったね。
川からバケツで水をくんだり、ない中で工夫して暮らしました。

ちいさな世界。
そこには、思いやりと尊厳がありました。
子どもたちから、学んだね。

あの日、ぐんっとのびた友情の芽です。

ポカポカと、太陽に照らされ。
ゴーゴーと、雨風で根をはり。

大きくなあれ、大きくなあれ。







by loveiysally-4970 | 2018-01-08 08:24 | 東日本大震災 | Comments(0)

ああ!お礼状


毎年、届く贈りもの。
東日本大震災の後から、ずっとです。

福井県から、三日月みかん。
ありがたや、ありがたや。

一箱一瞬(笑)
食べ盛り、伸び盛り。

お礼状は、こころをこめて。
サリー家4人、じぶんらしく。


d0174664_08463046.jpg

中1たけのこのお礼状を、ご紹介♪

みかんがすごく力になりました!
ありがとうございます。


d0174664_08464541.jpg

剣道の絵で、感謝を表現する男。

ありがとうございます!

みかんのおかげ。
みな元気に、すくすくです。






by loveiysally-4970 | 2017-12-30 09:28 | 東日本大震災 | Comments(0)

でこぼこの詩(うた)


でこぼこ にんげん

だれしも そうだよ

いかして いかされ

うっかり にっこり

ありがと よろしく


d0174664_06580844.jpg

チームサリーハウス、はじめての!
『ピームーシー』マスコットづくりです♪
地球形の天使♡

今まで、お直しはやったことがありました。

きのうの午後。
ほどいて、なおして、ちくちく、すすめ!
サリー、5時間以上かかりました~


d0174664_06582354.jpg

できあがり♪
なんて、でこぼこ!!

注:これは試作品。よりよくなります(笑)

でも、これがわたしなんだ。

ありのまま。
かおをあげて、羽ばたいてみよう。





by loveiysally-4970 | 2017-12-20 07:17 | 東日本大震災 | Comments(0)

つむぎ~癒しの時間~


山元町で、ご近所だったAちゃん。
共に被災して、仙台へ引っ越した仲です。

先日ふらりと、サリーハウスへ来てくれました~
お仕事でたいへんな状況を経験されたAちゃんと、しみじみお茶タイム。

4年前、サリーのお父さんが死んだ時。
サリーさびしくて、おいおい泣いて暮らしていました。
泣きつくすと、元気になるものですね。

お料理が得意なAちゃんは、
おこわや手づくりパンを、せっせと運んでくれたことを思い出します。

あの時は、本当にありがとう!!!!!
今度は、私の番だね!!!

きのうは、ふたりでお出かけ。
旅のテーマは『Aちゃんをいたわる会♡』


d0174664_08215044.jpg

ずっと行きたかったお店。
器とくらしの道具や雑貨のお店「つむぎ」さんをご提案♪

仙台市泉区紫山へ、サリー車ハッピーちゃんでゴー♪
なんか、わくわく♡ママーズ♪


d0174664_08221138.jpg

おうちの一角が、ちいさなお店。
雰囲気が優しい。


d0174664_08223048.jpg

「うわぁ~♡♡♡」
ときめきの声をあげる、アラフォー女子♡

光、透明感、ぬくもり。


d0174664_08224746.jpg

いるだけで、癒されるね。


d0174664_08231297.jpg

こちらのお皿が、気になってしょうがない。
お買い上げ宣言、しておきましょう!


d0174664_08232723.jpg

店主さんは、同世代の女性です。
ものしずかだけど、おもしろい。

インドアとアウトドアの面が、同居しているそうです(笑)
お~!わたしもです!!

子どももほぼ、同じ年。
ほうぼう、話題が盛り上がりました~


d0174664_08234395.jpg

うつわ、どうぐ。
いま魅かれるのは、その世界です。

東日本大震災の津波で、物は一度すべてなくしました。
もう多くの物は、いらない・・

大好きでぬくもりのある物と、暮らしていこう。

震災から6年以上たって、
すごろくの駒が、やっとここまでやってきた!


d0174664_08240847.jpg

きのうは、天然素材のろうそくを購入♡
林檎、信濃の香り。

清々しい、クリアな世界。


d0174664_08243538.jpg

さっそく、ろうそく生活スタート。
お風呂も、ロウソクとともに入ってみました~♪
気分が、女優(笑)

少5ぴかり「わぁ~いい香りだね~」


d0174664_08245263.jpg

Aちゃん、何度も「癒された」ってニッコリだった!
うれしいなぁ~


d0174664_08250331.jpg

もちろん、美味しごはんもいただきました(笑)

Aちゃん、おすすめのお店!
ステキなお店、初めてづくし♪
仙台歴長いのにね・・

癒しの時間。
ともに、元気に♪










by loveiysally-4970 | 2017-11-11 09:07 | 東日本大震災 | Comments(0)


快晴♪東北・みやぎ復興マラソン!

2年前は、5キロ走るのもやっとだったサリーかあちゃん。
ハーフマラソン4回を経て、
いよいよフルマラソンへ、駒をすすめました。


d0174664_06105500.jpg

スタートには、MちゃんやK先生も応援に駆けつけてくれました!
「がんばれ~♪たのしんで~♪」

制限時間6時間30分!
どうなる??


d0174664_06111225.jpg

まず2キロ地点、サリー家の子どもたちの応援です!
「ママ~!がんばってね~!!」
その後、スピッツの30周年コンサートファイナルへ!
かあちゃん、そちらも行きたかった・・

別れたパパさんの地元でもあるので、おじいちゃんおばあちゃんも来てくれた~
元嫁のために、ありがとうございます!
パパさんも、17キロ地点でボランティアしてました


d0174664_06112745.jpg

沿道からはこんな声が!
「東北のために、ありがとう~!!」

参加者は、約1万3千人。
うち6割は、海外を含む県外からだそうです。

コースは、津波がきた道。
6年の月日に想いを巡らせ、トコトコ走ります・・


d0174664_06114437.jpg

道中、美味しい食べものが笑顔とともに!
トマトやブドウが、しみわたりました~


d0174664_06115226.jpg

トラクター?!
いろんな応援がありました!

スポ少の子どもたち、黒服の応援団。
チアガールや地域の人々。

たくさんの笑顔に、出会えました~


d0174664_06120356.jpg

最後の関門は、37キロ地点でした。
もう、無理かも・・
と、心が折れそうになった時。

いつもの大きな声援が、前方から聞こえてきました。

「サリー!!!がんばれー!!!」
「サリー!!!がんばれー!!!」

マラソン仲間のT&M、そしてだんなさま。

カメさんサリーを、ずっと待っていてくれたのよ~
と見ず知らずのおばさまが熱く語る(笑)

人間って不思議だね。
限界っておもっていたのに、そうじゃなかった。

3人にしばらく並走してもらったら、また足が動き出した。
37キロ関門、無事通過!



d0174664_06121841.jpg

背番号「22222」
やはり、ゾロ目が好きなサリー(笑)
神の恵みが与えられている。信頼して、すべてをゆだねましょう。
byエンジェルナンバーより

あとは、ゴールを目指すだけ!
もう後ろには数人の、ラストメンバーでしたよ~
制限時間を過ぎた方は、バスに乗ります。

東京・名古屋のイケメンメンバーと励まし合い歩を進めます♡


d0174664_06132841.jpeg

6時間42分。
ヘロヘロ、でもニコニコのゴール!!
温かな応援、たくさんの笑顔に迎えられ、うれしくて泣いちゃうね~

制限時間は、すぎちゃったけど大満足です。


d0174664_06123486.jpg

イベント会場では、読み聞かせ仲間かおりん(1番右)が司会してた~♪
はたらくママって、かっこいいよ♡


d0174664_06130716.jpeg

メダルは漆黒の雄勝石。しずかに輝きます。
宮城県石巻、雄勝硯も有名です。
http://www.ogatsuishi-fukkou.org/


d0174664_06084926.jpg

人間は、立ち直ろうとしていくんだね・・

東日本大震災。
参加者よりも多くの、たくさんの命が亡くなったこと。

青空のした、沿岸に身をおき、
あらためて、心からご冥福をお祈りいたしました。







by loveiysally-4970 | 2017-10-02 09:02 | 東日本大震災 | Comments(0)

親孝行


わすれない

いのちと再会

雪が舞う

ふるえるこころ

だきしめたきみ


d0174664_05562886.jpg

生きていてくれたらいい!!
東日本大震災で、わが子に再開できた時、心底そう思いました。


d0174664_05564574.jpg

生きていてくれるだけで嬉しいのに!
しかもカッコいいなんて、なんて親孝行(笑)


d0174664_05570039.jpg

きのうは、中1たけのこ、剣道の練習試合。
サリー母ちゃん、愛車ハッピーちゃんで送迎担当。

一緒に乗せたかわいいTちゃんは、10人家族なんだって!
おとなしく見えるTちゃんの将来が、楽しみになりました。


本日、いよいよ『東北・みやぎ復興マラソン』です。
初フルマラソン!
宮城県(名取、岩沼、亘理)の、海沿いの道を走ります。

通学、通勤、デートなど(笑)
サリーと、ゆかりの深い道です。

ゆったり、たのしく。
祈りとともに、完走してきます♪








by loveiysally-4970 | 2017-10-01 06:15 | 東日本大震災 | Comments(0)

サンキューメロン


ねえ メロン

わたしの気持ち お伝えしてね

東日本大震災前 5年も空き家

ボロボロ 崩壊の危機!
 
屋根も 朽ちかかっておりました・・

職人さんの手を お借りして

今 堂々と復活です!!

ねえ メロン

人生は甘美だと 感謝するね


d0174664_05055135.jpg

サリーハウス、屋根のリーフォームが終わりました。
とれかかったえんじ色から、黒に変身!
入梅まえに、雨もりとさようなら~♪

手のかかる屋根だったようです。
職人さんたち、休みなく9日間!

感謝の気持ちを、そっとメロンにもたくします。

深々と首をたれて、別れを惜しみました~

ありがとうございます。
今日もべつの屋根の上、どうかお元気で!






by loveiysally-4970 | 2017-06-28 05:27 | 東日本大震災 | Comments(0)