豪快で優しい


息をふきかえした家
少しずつ よくなっていく楽しみ


d0174664_06311417.jpg

東日本大震災後、みんなで扉をはずしてペンキを塗ったね♪
あの世行き一歩手前で、息を吹きかえしたおうちです。

サリーハウスの台所、あと2日でお別れです。
ありがとう!震災後の7年間の日々!

冬はスケートリンクのように冷えて、
よく、羽生結弦くんのものまねをしました(笑)

いよいよ、台所大規模リフォーム!

大家さんがきのう、自転車でさっそうと現れた~
いま!サリーの周りの70代女性が、かっこいい♡

「奥さん(サリーのこと)が、お料理を楽しくできるようにね♪」
「迷惑かけるけど、よろしくね!」

豪快で、優しいことば。
ありがたく、受けとります。







by loveiysally-4970 | 2018-05-21 07:01 | 東日本大震災 | Comments(0)

古いけれどもホッとするおうち『サリーハウス』。東日本大震災のあとから暮しています。高2みるく、中2たけのこ、小6ぴかりの母ちゃんです。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧