サリーハウス♡ちいさな愛のうた cutysally.exblog.jp

古いけれどもホッとするおうち『サリーハウス』。東日本大震災のあとから暮しています。高2みるく、中2たけのこ、小6ぴかりの母ちゃんです。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧

お手洗い物語


先日、愛読雑誌(月刊致知)の読者会で、30分間スピーチをしました。
読者は、年配の海千山千の皆さまも多く、ちょっと浮いているサリー。

はじまる前、緊張しましたよ~
その時の経験、お付き合い下さい。

********

さあ、これからスピーチだ!
よし!その前に、お手洗いにいっておこう。

どんなお話が、今日の皆さまの心に響くのか・・

そんなことを考えながら、
トイレットペーパーが、あまりにも美しく三角折りされていることに
みょうに関心してしまう。

水がつめたいな~と、丁寧に手を洗っていると・・
(そういえば、北海道のトイレはお湯がでたっけ。)

とつぜん!!
中年の男が、流れるようにトイレに入ってきた。

「ええっ!」
目がまるくなる。そして、

「キャっ!」
まぬけな声をあげるサリー。もしかしてへんな人?!

すると男性も、負けずに声をあげた。

「うわっ!」

そして、あるところを見つめてから、サリーの顔をまじまじと見て、
さらに、もう一度見つめた先は・・

お手洗いの表示。

サリーも一緒に、目をこらしてみてみると。

なんとそこには、
ブルーの殿方の姿がぁ~!!!!

そうです!
わたしが、へんなおねえさんです。
おばさんとは言いたくない(笑)
by志村けんさん風サリー


男性トイレで出会った、一期一会。

よく見れば、とてもやさしそうなお方です。
大変、失礼いたしました。

こんどは、穏やかに見つめ合って、
ふたりで、大笑いしました。

********

おかげさまで、リラックス(笑)
その後のスピーチも、わたしらしくのびのびと。

東日本大震災の経験と
亡くなった父が行った人生の終活について
お話させていただきました。



d0174664_07532037.jpg

小豆を、ほんのり甘く煮てお客さまへ♡
てんさい糖、はちみつ、天然塩。

きのうは、手づくり好きのママたちに『ずっこけお手洗い物語』を披露♪

みんなの腹がよじれてた。
うれしかったなぁ~

経験を無駄にはしまい、生かすんだ(笑)












by loveiysally-4970 | 2018-01-13 08:55 | 体験からの気づき | Comments(0)