コツコツピカピカ

サリー、昔は片付けられない女でした・・
どう片付けていいかわからなくて。

家に人を呼ぶなんて、絶対無理(笑)
実家も、おびただしい量のものだらけ。

それが、東日本大震災の3年前くらいから、何かが降りてきて(笑)片づけに目覚めました!
片っ端から、片づけの本を読みあさり、捨てることをはじめました。

当時は、海沿いの山元町の実家に住んでいて、
毎日コツコツ、引き出し1つずつ整理していきました。
わが子がお昼寝している時間を使いました。

さまざまな物が,迷子の子どものようにさまよっていました。
以前も書いたけれども、トイレの収納に、グアムの思い出のシュノーケルと足ひれが押し込んであったり・・(笑)
http://cutysally.exblog.jp/21789566/

東日本大震災時には、実家はとてもスッキリしていました。
津波で流される前に、家をきれいにできて満足しています。
家も喜んでくれて天国に旅だったかなって、勝手に思っています。


きのうは、サリーハウスを某撮影に使っていただきました!
プロ集団いらっしゃーい!
PTAのご縁です。PTAは宝箱のようですね。
(そのうち、ご報告できると思います)

おうちが、喜んでいました!!


このおうちも、仮死状態でひどい病を抱えていた感じでした。
東日本大震災のご縁でお借りでき、みんなで掃除しました。

詰まりすぎていると、家も病気になるのではないでしょうか。
いらないものは出してあげる。いい物をいれてあげます。

風通しをよくしてあげ、怪我をしているところは手当してあげます。
物たちには、居場所を決めてあげると迷子にはなりません。

きのうも新しい体験でした!親子ともども勉強になりました。やはり感謝です。

ますます、おうちを大切にしようと思いました。
だっておうちは、子どもたちを育んでくれる大切な場だからです。



d0174664_06061145.jpg
さあ!!
かめさんのように、コツコツピカピカ進んでいくぞ♪








by loveiysally-4970 | 2016-07-21 06:59 | 東日本大震災 | Comments(0)

古いけれどもホッとするおうち『サリーハウス』。東日本大震災のあとから暮しています。高2みるく、中2たけのこ、小6ぴかりの母ちゃんです。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る