不妊症からの気づき①「窓を磨いたら・・」

今でも私は、苦しかったあの時、窓を磨いたから、赤ちゃんがやって来たと信じている。

二十歳前から、超ヘビースモーカーだったので(笑)
部屋は、いつもタバコの煙でもくもく。

窓や壁を、雑巾で拭いたら黒かった・・

今でも冗談ぽく、長女のMちゃんが言う。

「ママのお腹に、早くいきたかったんだよ。でも・・・窓が真っ黒だったから、なかなか見つけられなかったんだぁ〜」

ごめんなさい。。。

その通りだね!!!



先日、園長先生が一人で、一生懸命、外周りの窓を磨いて下さっていた。

内側の窓は、職員が毎日磨いている。

本当に素晴らしい職場だと感じる。


今朝、仕事に行く時。

地元の山下駅で、娘の同級生のおばあちゃんに会った。

この方は、毎朝、駅の掃除をして下さっている。

床を磨いて、虫だらけになっている、切符販売機も磨いている。

皆が、気持ち良く切符を買ってくれる事が、嬉しいそうだ。


そうなんだ!!

幸せな人は皆、何かを磨いている。

私も磨こう!!
何でもいいから(笑)

それが結局・・・

自分の、「心の窓」のくもりを取る事と、同じ事だと気づいたから。



# by loveiysally-4970 | 2010-07-28 07:07 | 不妊症からのプレゼント | Comments(6)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母ちゃんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧