<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ママたちに贈る物語『みるくちゃんのサンダル』

 昔々、長女みるくちゃんが、3つになったばかりの頃のお話です。夏用のサンダルを買いに行ったときの事。背中に、赤ちゃんの、たけのこ君をおんぶして、ママは少し疲れていました。みるくちゃんは、なかなかお気に入りのサンダルが見つかりません。ママは、ついつい口を出します。
「これにしたら?」
「イヤだ!」
「これ、可愛いよ。」
「イヤだ!」
「これ、似合うよ。」
「イヤだ!」
「じゃあ、違う日に買おうか〜。」
「イヤだー!!イヤだー!!」
「・・・」
お店で、みるくちゃんに騒がれ、ママもだんだんイライラ。さんざん悩んだあと、やっとブルーのサンダルに決まり、履いて帰ることになりました。お店を出ようとしたその時、入口に飾ってあった、ピンクのサンダルを見つけた、みるくちゃんは言いました。
「やっぱり、こっちのほうがいい。こっちが欲しい。」
それを聞いたママは、背中のたけのこ君が、ずんっと重くなったような気持ちになりました。
「ちょっと待って。もう買って、はいてるし、ブルーのサンダルでいいんじゃない?」
「イヤだ!!イヤだ!!イヤだー!!」
「・・・」
ママは、店員さんに謝り、ピンクのサンダルに替えてもらいました。ママの心は、ザワザワ、イライラ。お店からでて、ざわめいた心の矛先がみるくちゃんに向いた、その時です。一人のおばあさんが近づいてきて、話し掛けてきました。
「あなた、いい子育てしてるわねぇ〜。あら、お嬢ちゃん、ピンクのサンダルに替えてもらって、よかったね。自分の意見を言える立派な子だね〜。」
満面の笑顔で、私達を慈しむように見つめると、手をふって去って行きました。

 ピンクのサンダルを嬉しそうに履いたみるくちゃんと手を繋ぎ、ママの全身は、温かくて柔らかい羽で包まれているような感じがしました。
ママは、涙がポロンとこぼれて、思いました。いつか、私も後輩のがんばっているママたちに、伝えよう!

「いい子育てしているね。いい子に育っているね」

ってね。


※もちろん、実話です。思い出す度、おばあさんの思いやりに、ハートが温かくなります。幸せの循環が生まれた瞬間でもあり、それは、今も私の心に生き続けています。
by loveiysally-4970 | 2012-07-01 10:40 | わたしの子育て | Comments(6)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母さんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧