<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Now. I'm happy

 我が家にも、とうとうやってきました。学校や幼稚園で流行っているみたい。

 末っ子のピカリちゃん。昨日、幼稚園の園庭で嘔吐。学校から帰宅した、たけのこ君。顔が土色。夜、布団の上に嘔吐…(ToT)
 ママ。昨夜は大量の洗濯物。そして、窓を開けての拭き掃除&看病。
 ぐったりした我が子を前に、ママは、燃えました!普段の何倍も、身体が動きます。嘔吐で、床を拭き掃除したから、何故か、いつもより家がピカピカに(笑)
 一人平和な、長女のみるくちゃん。「私だけ元気。私ってスゴい♪」

 そして今。ピカリちゃん、たけのこ君&ママは、お昼寝中です。何より、休むことが大切ですね。

 体調が優れない時は、けっして無理をしない、させないことです。
 実は、私の父が脳梗塞で倒れる前、かなり無理をしていました。トラブルを抱え、入院が必要なのに、仕事を優先させていました。そして、亡くなった妹も、運動の時間に倒れる前は、体調を崩していたそうです。

 自分、そして家族を慈しむことが大切ですね。震災後、疲れを感じている方、私も含め、頑張り過ぎないようにしましょう。
 今を犠牲にした、明るい未来は、ありません。将来、幸せになろうとして、今苦しんでも、やってくるのは苦しみばかり…
 今、この一瞬が明るいから、次々と訪れる未来も明るい。今、生かされている幸せに気づくことで、幸せの線路の上を走り続けていく。

たけのこ君と一緒に、お布団に入りながら、日記を書いてます。ピカリちゃん、爆睡中。たけのこ君は、顔色もほんのりピンクに戻り、布団の中で、DS(ゲーム)三昧。

 ありふれた日常こそ、宝物。
 私は今、幸せです。
by loveiysally-4970 | 2011-12-20 12:44 | 日常の幸せ | Comments(2)

早起きは3億円の徳(byある宝くじ長者の言葉)

 我が家には、代々早寝早起きの人がいる。
 私の父は毎朝、4時に起きてメールチェック、仕事、愛犬の散歩が日課だった。亡くなったおじいちゃんも、朝2時から(朝なのか…笑)本を読んだり書道をしていた。そのかわり、夜7時に、寝室に消えていく。90代になっても、ニコニコと近所の子ども達に、書道を教えていた。
 
 そして私。やはり朝が好き。まだ町が眠っている静けさや、朝の空気の清々しさ。我が家の3人のチビッコ達も深い夢の中。朝、温かいハーブティーを入れて、音楽を聴いたり、雑誌をみたり、時に映画も。そして今は、ヨガ講師になるための勉強も朝にしている。
 洗濯や掃除機も朝早いうちに、窓を開け放って行うと、家の中の空気も一新。水も空気も流れが止まると淀んでしまう。窓を毎朝開け放つことは、簡単な開運方法。
 ヨガ講師になったら、朝日のパワーのもと、早朝ヨガ教室を想い描いてる。近所の薬師堂には、朝5時に参拝する人々が、けっこういるの。
 悩むのって、大抵夜ですね。夜は、さっさとテレビを消す。(妖怪人間ベムの日は別よ〜笑)灯りを落として、気持ちの良いお布団に向かう。
 日々の生活もリズムだから、リズムにのっちゃう。しかも楽しくのった方が、断然いい。洗濯物は、グラデーションに干すの♪我が家はピンク色が多いからとってもキレイ。晩御飯は、子ども達と一緒に、1週間分の献立表を作っちゃう(みるくちゃんが書いてくれる)。メニューに悩まないから楽だし、楽しい。お好み焼き(たけのこ君の大好物)を、時々メニューにいれて、残り野菜やヒジキも全て消化。

 日々感謝して、喜んで生きる。幸せは、誰かが運んで来るのではない。全ては、自分の心から生まれている。心の想いが原因で、結果が今、この一瞬に現れている。

by loveiysally-4970 | 2011-12-16 04:30 | 日常の幸せ | Comments(6)

贈り物

 先日、道を歩いていたら、耳に飛び込んできた言葉。
「ほら危ないよ!道路に飛び出したら、死んじゃうよ!」
小さな子どもを連れた、ママさんの言葉。ガーン…
「危ない」「飛び出す」「死んじゃう」
全てが否定的(苦笑)

 でも、人の事はとやかく言えません。意外と日本人は否定的な言葉が多いような…
「野菜たべないと、大きくなれないよ」
「いい子にしてないと、サンタさん来てくれないよ」

 これらを、肯定的に言い直すと
「○○ちゃんは、野菜もりもり食べてるから、超長生きよ〜」
「素敵な○○ちゃんには、サンタさんから最高のプレゼント届いちゃうね〜」

こんな感じ。
 言葉は、自分が発するものだから、自分自身で選べます。安易に否定の道を歩まず、工夫して肯定の道に進めば、人生が好転していきます。私が経験済。

 2年前、私は介護施設で働いていました。そこに、若林さん(仮名)という、メガネがいつも汚い(何故か汚れる…笑)頑固な、おじいさんがいました。私は、会うたびにメガネを綺麗に洗って、磨いて差し上げました。
「若林さん、どうですか。世界が明るく見えるでしょう〜」
「本当だね〜。サリーさんが、ますます綺麗に見えるよ。」

最高の会話でしょ♪
 その後も、若林さんは、たくさんの素晴らしい言葉を掛けて下さいましたよ。
「サリーさんは、太陽だ」
「サリーさんは、由美かおるのようだ」(笑)

 若林さん、ありがとうございます!愛のこもった言葉の数々、本当に嬉しかったなぁ。
 さあ、一日のスタートです。今日、これから出会う、ご縁ある皆さんに、贈りましょう。心を込めた挨拶。そして、ポカポカと温かい言葉達を!
by loveiysally-4970 | 2011-12-02 06:53 | 日常の幸せ | Comments(6)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母さんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧