<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

素敵なおじ様

 先日、嬉しい来客があった。盛岡に住む、吉田さんと万ちゃんだ。
 父が経営コンサルタントだった頃、身体障害者の方と共に、住宅リホーム会社を経営していた。(父は自身が障害者になる前から障害者の方々とご縁があった)そこで、働いて下さっていたお二人。毎年この時期に、抱えきれない程の林檎と、絞りたての林檎ジュースを持って遊びに来てくれる。

 万ちゃんは、15歳の時、大工の見習いで働いていた。その時、誤って屋根から落ちた。首の骨を折り、半身不随となった。手に麻痺が残るが、車椅子で生活している。
 吉田さんは、19歳の時、バイクで大型トラックと激突した。一瞬にして、右手、右足を失う。今は義足をつけ元気に歩いている。
 二人とも、50歳前後。ジョーク連発の、明るいおじ様方。その瞳は、深くて美しい。

 父が脳梗塞で倒れた時、盛岡から、すぐに軽自動車を飛ばして、駆けつけてくれた。中途障害者になった父の痛みを、誰よりも理解してくれ、力になって下さった。

 3人の、障害を持つおじ様方が、大笑いしている。一緒に笑っていた私の胸は、いつしか、やさしさと温かさに包まれていた。何か、背中を強く押していただいているように感じる。私も、自信を持って生きていこう!なんでも、恐れずやってみよう!
 
 吉田さんが、室内照明の真下にいた私に言った。
「サリーちゃん、電気の下だと、綺麗に見えるよ〜」
「あら吉田さん。。私は、どこにいても綺麗です!」
 みんなで、思い切り笑った。吉田さん、万ちゃん、楽しい一時をありがとう!
by loveiysally-4970 | 2010-11-23 14:08 | 脳梗塞からの贈り物 | Comments(2)

子どもと

 保育士の仕事に再就職して、8ヶ月が過ぎた。毎日0歳児の赤ちゃん達と過ごすと、たくさんの発見がある。
 昨日、お昼寝のお布団を敷いてあげた時。まだ、ヨチヨチやハイハイの赤ちゃん達が集まってきた。みんなで大笑いしながら、布団の上でコロコロ回転し、はしゃぎ始めた。
 面白いリズムダンスがある。「うんこだすマン体操」っていうんだけど(笑)その曲をかけると、みんな感じたままに踊りだす♪その姿が何とも愛らしい。
 赤ちゃんを4人乗りのベビーカーに乗せ、散歩にいく。1歳になったばかりの、Kちゃんは、興味がいっぱい。色々なものを指差して「あー!おー!」と喜ぶ。小さな指の先には、秋晴れの空。黄金の銀杏の木々。キラキラ光る電光掲示板。笑いかけてくれる道行く人々。可憐にさいている秋の花。頭上で旋回している無数の鳩たち。たくさんのバス。時にはパトカー。その他いっぱい!
 Kちゃんのおかげで、ふと気づく。何気ない毎日の、何という美しさ!赤ちゃんの時は、みんな知っている。大泣きする時もあるけど、赤ちゃんの毎日は喜びと信頼に溢れてる。
 人は本来、喜び、楽しみ、幸せに生きる生命体なのだ。それが、いつの頃からか、人と比べたり、比べられたりする。心に嫉妬、妬み、不満、不安、心配など様々な汚れを付けていく。赤ちゃんは、隣の子が歩き始めたからといって嫉妬しない。焦っているのは親の方だ。
 もうそろそろ、人と比べるのは卒業しませんか?
 私自身の素晴らしさに気づこう!我が子の素晴らしさを認めよう!家族や友人、全ての人々の素晴らしさに感謝しよう!それを繰り返していくだけで、いつしか心の汚れが消えていく。私の心も以前は真っ黒だった…(笑)
 さあ!我がクラスの赤ちゃん達のように、あるがままを楽しみ、二度とない人生を喜んで生きていこう。
by loveiysally-4970 | 2010-11-18 05:02 | 体験からの気づき | Comments(4)

さくらちゃんの詩、2

 「えがおでやさしく」

えがおでやさしくしましょうね。

ほかのひとも せかいじゅうでキラキラかがやいている。

いきているうちしかわらえない。

わらっているのが一ばん大切だよ。

だから、わらって、わらったら、みんなうれしいきもちになるんだよ。

しらない人も まわりの人も、うれしいきもちになるんだよ。

おこるのもいいけど、なくのもいいけど、

きもちでいちばんいいのは、えがおのわらっているきもちだね。




※さくらちゃんの詞を読んで、涙が流れました。泣いている私を見て、さくらちゃんは、照れながらも、とても嬉しそうでした。
「さくらちゃん、心に浮かんだことを、これからもどんどん書いてみるといいよ。楽しみにしてるね!」
と伝えると、最高の笑顔で、うんっと頷いてくれました。素晴らしいですね。
by loveiysally-4970 | 2010-11-10 06:04 | ハートの詩 | Comments(0)

さくらちゃんの詩 1

 我が家の長男たけのこ君の大親友に、「あらちん」というかわいい男の子がいます。あらちんご一家とは、家族ぐるみのお付き合いです。あらちんのお姉ちゃん、さくらちゃんの詩を初めて見せていただいた時は、感動で胸がブルブル振るえました。ママの了解をいただいたので、これからご紹介していきます!さくらちゃんは、現在小学4年生。3歳から詩を書き始めたそうです。



 「けしごむ」

けしごむは けしてって 小さく 少なくなるよね

けしごむって けされるのが うれしのかな?

なくなるのが うれしいのかな?

ちかいけど、わからないけど、よーく考えるとわかるよね

けしごむを えんピツでさしたり、切ったりしてるの かわいそうだと思わない

生きてるんだから、やめようね。
by loveiysally-4970 | 2010-11-09 11:38 | ハートの詩 | Comments(0)

愛称決定!

 我が家の3人の子ども達がよく登場するので、ブログでの愛称を決めましました〜!!

☆長女8歳→みるくちゃん

☆長男6歳→たけのこ君

☆次女3歳→ぴかりちゃん

わかる人にはわかります(笑)
これからも、ヨロシクお願いしま〜す☆
by loveiysally-4970 | 2010-11-09 11:05 | わたしの子育て | Comments(2)

決意

黄金に輝く朝日の美しさに感動する。

心のこだわりが一気に吹き飛び、内側から力が沸き上がる。

私は、進みます。

たった一度の人生を、味わい、喜んで受け入れ、どこまでも進んでいく。

周りの人を変えようとすると苦しみが続く。

自らが、変化成長し全てを包んでいくのだ。

心を穏やかに、流れる水のように、自然に姿を変化させながら、循環していく。

一つの場所に留まらず、前進であれ後退であれ、まず動くのだ。

そうすれば、道が開ける。

出逢う人、全てにありがとう。

常に心に感謝の文字を刻む。

そうすれば、人生は喜びに溢れる。

太陽も
流れる川の水も
秋風に揺れる一輪の花も
そしてあなたも私も

この宇宙に存在するもの全てが、無限に広がる一つなのだ。
by loveiysally-4970 | 2010-11-02 06:29 | 体験からの気づき | Comments(4)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母ちゃんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧