カテゴリ:連載小説「肩書を失くした男」( 2 )

連載小説「肩書を失くした男」②



2、蓮池 

 ふと、わたしは、目覚めた。
 ぼーっとした頭を丸くさすってみる。一本の白髪もないことが55歳のわたしの自慢だった。髪はふさふさあり、豊かな黒髪の家系に、よく感謝したものだ。
 
「いったい、ここはどこだ?!」
 あたりを、恐る恐る見渡してみる。
 たしか・・頭が割れるように痛くて、デスクから倒れたはずだ。深い闇に自分を見失っていく恐怖を思い出し、軽く身震いする。
 その黒の世界から、まるで紙芝居を1枚めくっただけのように、今度は光の世界へやってきた。あの体験したことのないピアノ線で縛られる激痛は、遠い昔だったのか、あるいは夢だったのかもしれない。

「きっと、夢を見ていたのだ・・」
わたしは、お気楽に考えてみた。そうだ、思い出してきたぞ。よくみんなから「スーパーポジティブ男」と言われていたじゃないか。わたしの名前は芳賀幸元だ。「ゆきもと」と読む。幸せで元気な男、これが自己紹介の時のお決まり文句だった。

「・・いい香りがする。」
 ぼやけていたわたしの視界は、徐々に色彩をとり戻してゆく。目の前に、花が見えた。とても大きな花だ。桃色と純白が美しく溶け合った姿が、いくつも青空に向かっている。この、世にも美しい花は、中年のおじさんのわたしでも知っている。

 そうだ、ここは、蓮池だ。
 なぜなのかは、わからない・・
 わたしは、小さな白いボートの上にいた。なかなか洒落たつくりに不思議と感心してしまう。

 そして唐突に、フワッとした綿毛のような声が響いた。

「おとうさん、おひさしぶりだね。」
 目の前には、透きとおるような少女が、にっこりと座っていた。

「・・・・・」
 わたしは目をこすって、もう一度少女を見つめた。

「さやか・・なのか・・」

 少女は明るく笑って、首を小さく縦に2回ふった。
 あの時、どんなに神に祈っても二度と会うことが出来なかった、わたしの娘だ。
 小学6年生で、思いがけず天国へ旅立ってしまった娘のさやかが、いま目の前で笑っている。

「もしかして、わたしは、死んだのか・・」




☆この小説は、サリーの経験をもとにしたフィクションです。(加筆・修正あり)

中3みるく「漫画のスラムダンクもワンピースも、描いていくうちにどんどん上達しているよね!」
サリー「なぐさめと励まし、ありがとうね・・」



by loveiysally-4970 | 2016-11-16 07:14 | 連載小説「肩書を失くした男」 | Comments(0)

連載小説「肩書を失くした男」①


連載小説「肩書を失くした男」
田村咲里奈

1、脳梗塞

 ピアノ線が、わたしを一瞬で縛りあげたような強い衝撃をうけた。世界中のすべての音が、一斉にすさまじく鳴り響く。頭が痛い!!頭が割れそうだ!!いったい何が起こったのか分からない。見えない線で縛られたわたしは、へんな形のまま、仕事中のデスクから、冷たく固い床の上に崩れ落ちた・・
 
 底なしの真っ黒な世界に、どんどん落ちてゆくようだ。全身から汗がふきだす。かいたことのないどろりとした汗は、じわじわと私を濡らしていく。ゆっくりと、世界とわたしが同時に冷えていった。

 頭上に白い光り見えた。優しい光だ。ああ!どうか光のそばにいさせてくれ!
 どうやら、わたしの願いは叶わないようだ・・わたしが落ちているのか、光が遠ざかっていくのか、理解できないまま闇に飲み込まれていく。

「助けてくれ!助けてくれ!」
 
わたしは、心の奥底から本気で叫んだ。しかし、その叫びは声になることはなかった。意識だけが忙しく動き回り、体はネジがきれたぜんまい人形のように動かない。

「まさか、死ぬのか・・?!」

 いやいや!まだ、死ぬわけのはいかないのだ!わたしは、世間も認める明るく元気な男だ。55歳、Go!Go!進もうと決意し、家族を笑わせたばかりだ。
 海沿いの静かな町にマイホームを建て、手を焼いた子どもたちはやっと巣立ってきた。わたしの人生はこれからなのだ!
 経営コンサルタントとして独立して30年あまり。がむしゃらに前進し続けてきた。やりたい夢は、まだまだある。仕事のアポイントメントは、ぎっしりつまっている。100歳まで、経済人として活躍するんじゃなかったのか!!

 波の音が、遠くからかすかに聴こえた。暗闇のなか、ただ神に祈った。

「わたしは、生きたい。」




☆この小説は、サリーの経験をもとにしたフィクションです。言葉を失った亡き父のことを書きたいとずっと思っていました。編集の方も、校閲の方もおりません。なので、さまざまなことをお許しいただけると幸いです。(加筆・修正あり)
 お付き合いして下さる皆さまに、はじめに心から感謝申し上げます。



中3みるく「おかあさん?!誰にも頼まれていないのに、小説書きだすの??」
サリー「はい・・今朝、急にはじめたくなりました。」






by loveiysally-4970 | 2016-11-11 07:42 | 連載小説「肩書を失くした男」 | Comments(0)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母さんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧