過労死等防止対策推進シンポジウムみやぎ


素直に「つらいんだ」って言ってみる。

安心できる場所、なんとか見つけてさ。

人間は弱い、かっこ悪い、矛盾だらけ。

あるとき、あふれる涙で本音を言えた。

大人なのに、かっこわるくて恥かしい。

そしたら、ある人がこう言ってくれた。

「それを、かっこいいっていうんだよ!」

重い思いを手放し、スペースが生れた。

あいたスペースには、ゆっくりでいい。

あたたかな思いや言葉を、集めていく。

愛があふれてお隣へ、繋がる命大切に。


d0174664_08372726.jpg

きょうの朝日、広瀬川河川敷。


きのうは、「過労死等防止対策推進シンポジウムみやぎ」へ参加しました。

東北希望の会、たまちゃんのブログ↓



弁護士の土井先生は、場をなごませる天才です。
パネリストの女性4名。
全員がハートからハートに語りかけて下さり、こころが震えました。
あかねさんの朗読、珠ちゃんのピアノ、徳子さんの司会。
サリー中学生の時に熱唱した「翼の折れたエンジェル」
作詞作曲の高橋研さんの歌声。

参加できてよかった!その一言です!!
誘ってくれたふーちゃんありがとう。

ちょうど友人Aちゃんのご家族に、過労・パワハラの問題おこり・・
たくさん語りあったばかりでのタイミング。

人が追いつめられていく原理。
負のサイクルからぬけ出せた事例。

「悩みは抱えると凶器になり、分け合うと知恵に変わる。」
そんなことを、思いました。

サリー、シンポジウムの帰り。
あまりの寒さに、バス停からドドドーと走って帰っていると(笑)

「サリちゃん!!!!」
道の反対から、呼び止められました。

友人Aちゃんが、ぶんぶん手をふっている。
神の計らい。うれしくて抱き合いました。

学んだこと、一生懸命おはなし出来ました~
すでに、ご家族の問題によい兆しがでてきているとのこと。

傷は小さいうちに、手当できたらいい。
大けがしても、あきらめないで。
人間は、治癒していく力がある!

世界には、つらい経験をのりこえて、
深いやさしさをもっている人が、たくさんいる。

シンポジウムに参加して、
涙も出たけど、うれしい気持ちになりました。







by loveiysally-4970 | 2017-11-19 10:00 | 体験からの気づき | Comments(0)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母ちゃんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧