父への詫び状

今日は、昔話です。
あれは、3番目のぴかりを妊娠していたころのこと・・
10年以上前の出来事です。父の4回忌に寄せて。

********

大きなおなか、もうすぐ妊娠8カ月のわたし。
背中には、2歳のグズるたけのこをおんぶ。
足元には、4歳のみるくがしがみついて泣いていた。

笑顔がきえた表情のない顔で、わたしは乱暴にフライパンをふった。
専業主婦だったわたしの、おひるごはん準備。
子どもたち、妊婦のわたし、そして障がい者の父の分だ。

「なんで、わたしばっかり!!」
「横になって、やすみたい!!」
「一人旅にでも、でてしまいたい!!」

おなかはピーンと張るし、暑い日が続き、ひどい疲れに襲われていた。

幼い子どもたちの泣き声にも、イライラがふくらんだ。
普段なら、うちは弱者集団だねって笑えてたのに・・
(乳幼児・妊婦・障がい者)

子どもたちの世話、家事のすべて、50代半ばで中途障がい者になった父の介護。
母と夫は、仕事にでていた。
仕事のほうが、よっぽど楽に思えてしょうがない。

父は、静かに食卓にすわってお昼ごはんを待っていた。

脳梗塞の後遺症で言葉の障がいも重く、2歳のたけのこが先生になって教えていた。
(障がい者になる前は、経営コンサルタントで話すことが仕事だった)

なんとか、食事の準備ができた。
子どもたちをどやしながら、4人でテーブルにつく。

イライラ絶頂のわたしと対照的に、父はニコニコして車椅子に座っていた。

そして、わたしたちの顔をひとりひとりみつめると、
つたない言葉で、元気いっぱいに言った。

「いだだきばーす!!!」

言ったとたん・・

父の笑顔が、一気に崩れるのを見た。
そして、子どものように泣き出した。
動かない右手に目を落とし、左手で涙をぬぐい続けた。

それにつられて、
子どもたちは、火がついたようにギャンギャン泣き出した。

ハッとした・・

目には見えない何かに、心をわしづかみされ、
それと同時に、わたしの目からも涙が滝のようにあふれ出した。

4人で、泣いた。
海沿いの町の、父が建てた大すきな家の食卓で。

泣くだけ泣いて、落ち着いたら。
心に、そっと光りがさしてきた。

みんなで顔を見合わせて、今度は苦笑い。

さあ!もう一度。

「いただきまーす!!」

涙のあとがのこる弱者集団は、ごはんをもりもり食べはじめた。


d0174664_09111654.jpg

お父さん!やっと文章にできた~
10年もかかった、のんびり長女サリーだね。

自分のことしか見えないと、不幸がクローズアップ!
フフフ・・その節は、ごめんなさいね。

神さまどうか。
広い視野で、あたたかな世界を見れますように。










Commented by 柏倉智弘 at 2017-07-21 18:26 x
ご無沙汰してます。読ませていただきました。
もう4年が経ちますね。
Commented by loveiysally-4970 at 2017-07-22 06:21
智弘さん、ありがとうございます!
建てていただいた『大好きな海沿いの家』、思い出がいっぱい残りました。
by loveiysally-4970 | 2017-07-21 09:26 | 命の輝き | Comments(2)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母ちゃんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧