「ほっ」と。キャンペーン

創立130周年記念 宮城学院クリスマス礼拝2016


きのうは、友人からチケットを譲り受け行って参りました。
Mちゃん、ほんとうにありがとう♡

「宮城学院中学校高等学校クリスマス礼拝」

130周年記念、東京エレクトロンホールで行われました。
中3みるくと2人で、讃美歌を歌い、聖書や聖歌隊の歌を聴き、学生オーケストラを鑑賞。
神の恵みの時間に、こころから感謝します。

d0174664_06400243.jpg

生徒さんがデザインした、校章をもとにした美しいプログラム。

校章は「開かれた聖書とその上に舞う鳩と宮城野萩の輪が囲むもの」
https://www.mgu.ac.jp/home/agency/dataroom/index.html


d0174664_06402002.jpg

生徒さんによる、キリストの誕生劇もありました。
独唱、聖歌隊のあかるい金色の歌声が、空間に満ち満ちて光ります。

中3みるく「なんか、面白かった!」


d0174664_06403635.jpg

各学年の神をたたえる歌は、サリーを高校時代に連れていきます。
「時を超えた感謝、今へ向かう感謝」
http://cutysally.exblog.jp/23340518/

讃美歌を毎日うたい、聖書にふれた高校時代があるから今のわたしがある!
やはり感謝です。基本スポこん娘でしたが・・(笑)

最後は、Hallelujah!(ハレルヤ)を全員で歌います。
サリーも高らかに歌って参りました。覚えているものですね!
http://www.miyagi-gakuin.ac.jp/topics/2014/common/20141222/index.html

高校時代、感動に胸を震わせて泣いたけれども、アラフォーになったって涙が頬をつたいます。

泣いている母をみて、娘が笑いました。
賛美の歌が、流れる中で。









by loveiysally-4970 | 2016-12-11 07:40 | わたしの子育て | Comments(0)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母さんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧