埋もれていた宝物

先日、学校行事で小学校に行った時。
友人でもある、長女のピアノの先生Mさんから声を掛けられた。

「ブログ楽しみにしてますよ〜最近書いてないですね〜」

ありがとうございます!!Mさんに誉めていただいたら、俄然やる気がアップ(笑)

そこで、今日は我が家のピアノをご紹介しましょう。


そのピアノは、私が小さい頃に、父と母が友人から買っいとったものだ。

母は歌が大好きだ。
幼い頃、ピアノを弾くことに憧れたそうだ。
残念なことに、今日まで、憧れのままになっている。

母は、自分の夢を、5人の子ども達に託した。
しかし、末っ子の弟だけが、少しの間、習っただけに終わった。

いつの間にか、我が家のピアノはほったらかしにされ、忘れられていった・・・

私が、長女を出産して、実家に帰ってきた時。
ピアノの足元には古新聞が積まれ、ピアノの上には、おびただしい数のガラクタが置いてあった・・・
鍵盤を押すと、内側がカビていて、下がったまま戻ってこない。
音は一応なるが、こもったような暗い音色だ。

そんなピアノに転機が訪れた。
私の長女Mちゃんが、お友達が習い始めたのをきっかけに、ピアノを習うと言い出した。

そこで、思い切って調律をお願いした。記憶にないほど調律していなかった。
ピアノの先生Mさんに、紹介いただいた調律士さんが、心を込めて調律して下さった。
なんと、朝早くから始めて、夜暗くなるまでかかった。

調律士さんの話では、我が家のピアノは、アップライトの中でも、とても良いものである。
素晴らしいピアノなので、ぜひ大事に使ってほしいと念を押された。

その日。
とっぷりと日が暮れた我が家から、ピアノの美しい名曲が流れてくる。

調律士さんが、ミニコンサートを開いて下さったのだ。

こんなにも、美しい音色を響かせてくれるものが、我が家に眠っていたとは・・・

爪先からブルブルと震えてくるあの日の感動を、今でも忘れることはできない。

あれから4年。半年に一度、調律をお願いしている。

そして先日、長女Mちゃんのピアノの発表会の最中。

6歳の長男が
「おれは、ドラゴンボールの曲を弾く!!」

3歳の末っ子は
「わたしは、キラキラぼうしを弾くからね!!」
(キラキラ星のことね笑)

と宣言!!
なんと、子ども達3人共、ピアノを習うという思いがけない結果になった。

我が家のピアノが喜んでいる。そう感じている。

長い間、あなたの素晴らしさを無視し続けてゴメンなさい・・・

私はこれから、どんなものにも、どんな人にも素晴らしさを見いだすことができる。

本当は、みんな素晴らしい存在だ。ただそれを忘れているだけ。

見栄やプライド、傲りに不平不満、悩み、心配事、執着心・・・
ひとつひとつ手放して、軽く、シンプルになっていこう!!

ピアノのM先生、ありがとうございます。みんな、先生が大好きです♪


Commented by misa_king at 2010-09-11 01:03 x
読んだよ。うちの、隆乃花が「更新してるよ!」と教えてくれました。これからも楽しみにしてるよ❤
Commented by サリーちゃん at 2010-09-11 02:13 x
misakingさん、隆乃花さんありがとう!!
あなたたちを想って書いてますよ~コメント入れてくれて感謝します!!嬉しいよ~
Commented by ゆみちゃん at 2010-09-11 07:33 x
調律師さんの粋なミニコンサート素敵だったろうな溿 子供達に夢まで与えてくれて本当に素敵な素晴らしいピアノだね 家族で大切にできる物があるていいね
Commented by サリーちゃん at 2010-09-11 15:41 x
ゆみちゃん、コメントありがとう~!!ハッキリ言って、すご~く嬉しいです(笑)
そうなのよ。素敵な調律師さんなんだぁ。毎回いろいろな曲を弾いて下さるの。
我が家の父は毎回感動のあまり、泣いてしまいます。音楽って心に響くんだね。
by loveiysally-4970 | 2010-09-10 07:57 | わたしの子育て | Comments(4)

ヨガと手づくり、時々ポエム♪東日本大震災後、新たな生き方を模索した、泣き虫、ズッコケ、でも愛に囲まれたサリー母ちゃんの成長日記。


by loveiysally-4970
プロフィールを見る
画像一覧